So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の宗派について [宗教]

今回は前回に続き宗派について話そうかと思います。

さて、突然ですが皆さんは自分の家の宗派をご存知でしょうか?
(知らない方の方が多いかと思いますが・・・)
日常生活では知らなくても困らないと思いますが、いざ自分の家族が亡くなった時に困ってしまいます。
それは何故かと言いますと、宗派によって葬儀の際の決まり少し異なりますし、お経を読んで頂くのに宗派にあったお坊さんを呼ばなければならないからです。

では、どうすれば自分の宗派が分かるのでしょうか?その方法はいくつかあります。

その1 家族に聞く
そんなこと?と思う方もいるでしょうが一番簡単に確認する方法です、自身の親に聞くか親が分からなければ祖父母に聞いてみましょう。恐らく知っているはずです。

その2 仏壇を見る
自宅、実家や祖父母の家に仏壇があると思いますがそれを見てください。
仏壇の中央奥にはご本尊が祀られていますそしてその両脇には掛け軸が掛けられています、そのご本尊と掛け軸が宗派によって違います。
こちらのサイトに主な宗派のご本尊と掛け軸が載っていますので確認してみてください。
http://www.osohshiki.jp/chiebukuro/knowledge/sect.html

その3 お墓
皆さんも一度はお盆にお墓参りをしたことが有ると思いますが、お墓の有る場所によっては宗派が分かることがあります。それは、お寺が管理している墓地にお墓がある場合でそのお寺の宗派を調べればわかります。

このように調べる方法がありますが、調べても自分の宗派がわからない場合はどうすればいいのでしょうか?

その時は、葬儀の際担当になった方に相談してみましょう。葬儀社によってはお寺さんを紹介してくれたり、
無宗教で葬儀を行うことも出来ますので。(無宗教葬についてはまたいつか説明します。)


それでは今回はこのあたりで失礼します。



湯灌師になってから勉強してること [宗教]

今回のテーマは、この仕事に就いてから勉強してることです。

それは、宗派についてです。
なぜ宗派について勉強しているのかと言うと、それは宗派によって葬儀や湯灌、納棺の際にする事が少し違うからです。

例えばこの二つ


yjez20909_400.jpgolei350001_350.jpg



左が守り刀、右が修陀羅(しゅうだら)と言って棺の上に置くものなのですが、宗派によっては
修陀羅だけ置いたり男女で色が違ったりするのです。


このように、宗派によって違うことが他にも色々とあるので私は宗派について勉強しているのです。


さて、短いですが今回はこのあたりで失礼します。
次回も宗派について書こうかと思いますのでよければ見てください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。